1日1日一歩ずつ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

あの日を忘れない vol.8最終回 




今までの記憶、体験はあらかた書き終えたので

今日は今日の記憶を書きたいと思います(笑)




今日は気まずいことに町民大会でした。どーん(詳細は明日)

14時46分に帰れるかな?と思ったけど14時には帰りました。

で、ラーメン食べながらTV見てその時間を待ち、ついにその時間が来てしまいました。

ラーメンのびると思いながらも



黙とう・・・・



そしたら静かになったので外で雨が降っている音が聴こえたため

洗濯物を取り込むため父離脱。


でも自分は最後までやりました。

その後、ダッシュでシューズを取り込みに!



一周年という区切りを迎えて

本当に思うのはもうこんな災害は起こってほしくないなぁと・・・本当に・・・

この災害が起こるまでの日本は平和だったと思う。

ちょうど一年前は大政奉還、終戦の次くらいに日本の区切りの日になったのでは?と。

大きすぎるかもしれんけど、復興はいつまで終わるか分からんし

原発は終息のめどたたず福島にはあの日から時間が止まったままの街もあるし

決して大げさな比較じゃないと思う。

おそらく今生きてる日本人が死ぬまでずっと背負っていく問題もできたと思う。



被災した人のほうが思うことやけど

もう以前の平和な日本・生活に戻ることができないということを考えると・・・・・あれですね。



被災地の人は

被害に逢わなかった人はどうせ人事だと思っている! と言うかもしれない

でも自分たちには余震を止めることはできないし、原発をとめることもできないし、

自分たち一般人は本当にできることは限られてるんです。

AKBのメンバーは「私たちには歌うことしかできない」というけど、自分たちには何もできない。

ただ報道されたことを指をくわえて見ているしかできない。


それを考えただけでどれほどむなしくなるか・・・

全員ではないにしてもほとんどの人はそう考えていると思います。



自分たちには何ができるのか?

ってよく聞くけど

それはよく考えたらきれいごとでもなんでもない、真剣に考えるべき課題だと思いました。





というわけで一週間続けてきた「あの日を忘れない」シリーズは今日で終わらせていただきます。

書きながら考えたのでむちゃくちゃなこと書いたかもしれないですがそれは・・許してください。


もちろんこれからも復興が少しでもはやく進むよう、二度とこんなのが起こらないよう祈り、努力することは必要!

ということで「おわり」とは書きません!

スポンサーサイト

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

アクセスランキング

閲覧数

閲覧数

卓球ゲーム

天気予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。